子育て支援の取り組みについて

子育て支援の取り組み

NTTソルマーレでは、政府が推進する次世代の社会を担う子供が健やかに生まれ、育成される環境の整備を行う「次世代育成支援対策」を進めるため、社員が仕事と子育てを両立させることができるよう雇用環境を整備し、次世代育成支援対策を実施するため「一般事業主行動計画」を策定し、計画達成に向けた取り組みを進めてまいりました。

 2009年4月に一般事業主行動計画を策定し、今後も従業員一人ひとりが元気にやりがいを持って働くことができる環境の実現に向け「ワーク・ライフ・バランス」の推進などに積極的に取り組んで参ります。

[参考] 次世代育成支援対策推進法

次代の社会を担う子供が健やかに生まれ、育成される環境の整備を行う「次世代育成支援対策」を進めるため、国や地方公共団体による取組だけでなく、301人以上の労働者を雇用する事業主は、「一般事業主行動計画」を策定し、速やかに届出なければならないとし、雇用する労働者が300人以下の事業主には、同様の努力義務があるとしています。
さらに、今般、我が国における急速な少子化の進行等の現状にかんがみ、地域や職場における総合的な次世代育成支援対策を推進するため、平成21年3月23日に行動計画策定指針の全部を改正する件が告示され、行動計画策定指針が改正されました。


【改正のポイント】 
行動計画の公表と従業員への周知が、従業員101人以上の企業に義務付けられました。(H21年4月1日から施行)
行動計画の届出義務企業が、従業員301人以上の企業から、従業員101人以上の企業へ拡大されます。(H23年4月1日から施行)

(厚生労働省ホームページより)

第4次行動計画

●諸制度の利便性向上に向けての取り組み


●諸制度の利用に対する社員本人及び職場の理解の醸成


●休職前後の社員に対する支援の実施


●雇用形態に関わらずいきいきと働ける仕組みづくり


●社員のキャリアアップ意欲、キャリア形成支援環境づくり(中途採用等)の実施


●多様な働き方の実現(ワーク・ライフ・マネジメント)に向けた仕事の進め方の見直し及び効率的な働き方の促進


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ